祖母が買ってくれた振袖

私の振袖は、亡くなった祖母が買ってくれたものでした。自分でも着物をたくさん持っていて、着物が大好きだった祖母は、私が19歳の頃に、着物の展示会に連れて行ってくれて、成人式用に買う着物を選んでくれました。ピンクや赤、紫と色々な色の振袖に袖を通しましたが、その中で私が気に入ったのは、グレー地に華やかな赤い花と色とりどりの葉が並んでいる振袖でした。

成人式の振袖といえば、ピンクや赤、金色など、カラフルなイメージですが、その中でその振袖はとても個性的なものだったので、一目で気に入りました。

祖母は私の希望通りにしてくれて、その着物に合わせて、金色の帯を華やかになるように選んでくれました。両親はてっきりピンクの着物を選んでくると思っていたらしく、最初見たときは驚いていましたが、とても似合っていると言ってくれました。

成人式では、その着物を着て、とても晴れやかな気持ちになれました。今でも祖母には感謝しています。

振袖は、その後、大学の卒業式にも、袴をはいて着ました。また、友達の結婚式にも着ていきました。周りの評判もとてもよかったので、うれしかったです。

今は結婚して、二人の娘がいます。私も子供たちもほとんど着物に触れる機会はありませんが、先日七五三で娘に着物を着せたときに、次は成人式に振袖を着せてあげるために、今から貯金をしておかなければ、と思いました。二人いるので大変ですが、頑張ってそれぞれに合った着物を見つけてあげられたらな、と思います。